特撮ヒーロー番組の感想を述べます。 好きだからこそ、愛すればこそ、細かいところに つっこみたくなってしまう。 そんなくろパパが「特撮にほえる」ブログです。 (多少アニメもあり)
04 // 2017.05 // 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
私の特撮履歴書(2)
初めて観たゴジラ映画は「ゴジラの息子」である。初代ゴジラの恐ろしさを知る前で、ミニラの丸い放射能火炎がかわいく、幼かった私は大変喜んだ。

幼稚園の頃、我が家のテレビに画期的な変化が起きた。UHFチャンネルが取りつけられ、「サンテレビ」が視聴できるようになったのである。当時、「サンテレビ」では「ジャイアントロボ」の再放送をやっていた。
ただでさえ夕方5時頃からゴールデンタイムにかけて、まんがを豊富に放送していた時代であったがさらに選択肢が増えた。

小学校にあがった年、世は大阪万博で盛り上がっていたが、私にとってはその翌年、数々の伝説の番組がスタートする昭和46年のほうこそ強く印象に残ることとなる。それは怒涛の第二次怪獣ブーム、変身ブームついでにパンダブームの幕開けであった。

つづく!(声:レントン)
スポンサーサイト
【2005.07.26 (Tue)】 私の特撮履歴書 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
私の特撮履歴書(1)
私は昭和39年、神戸の下町に生まれた。こう見えても生まれたときは0歳だった。
ウルトラQの本放送には間に合っていたはずだが記憶は当然ない。
一番古い特撮の記憶は「ウルトラセブン」の本放送である。「タケダ タケダ タケダ~」とタケダ製薬のテーマで始まる。当時は怪獣が怖く、戸の影に隠れながら観ていた。

私は3歳のときにカタカナを覚えたのだが、母の証言によると「レッドキング」「ガラモン」等の怪獣の名前ですべて覚えたらしい。
ちなみに我が家の長男は「きかんしゃトーマス」のボディについている番号で数字が判別できるようになった。すなわち「4」を見ると「ゴードン」、「2」は「エドワード」と発音していた。血は争えないものである。

つづく!(エウレカセブン風)
【2005.07.09 (Sat)】 私の特撮履歴書 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
くろパパ
  • くろパパ
  • 小学生の頃から「第2次怪獣ブーム→変身ブーム→SFアニメブーム」の洗礼をまともに浴びて育った。
    好きな必殺技「半なま手裏剣」。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 特撮にほえろ!! All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。