特撮ヒーロー番組の感想を述べます。 好きだからこそ、愛すればこそ、細かいところに つっこみたくなってしまう。 そんなくろパパが「特撮にほえる」ブログです。 (多少アニメもあり)
12 // 2006.01 // 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
仮面ライダー響鬼最終回「明日なる夢」
いや~とうとう響鬼も終わってしまったわけですが。

今回は前作「ブレイド」より納得のいかない終わり方、というか最後のオチに持ってくるまでの過程が説得力なかったと思ってしまいました・・・。

○1年後
お~~い!!それ「クウガ」でやってるぞーー!!あのときは本当に最終回がどうなるのかハラハラしながら1週間を過ごしたもんですが。

明日夢は医学部志望、もっちーはチアがどうなったのかわからんけどあきらと仲良くパネルシアター。京介が鬼の弟子として力をつけている。

ん~。どうなんでしょ。夏までの展開からは予想だにできませんでした。あきらは完全にキャラ変えられてしまって残念です。鋼のような意志でバッチリ鬼になるものだと思っていましたから。

○京介が鬼に変身
あきらが修行するのは大変だという感じがしっかり伝わっていたのに、京介はあっさり変身体になっちゃった気がします。しかも変身とけたらもとのジャージ着てるなんて!!あきらの肌見せやザンキの尻見せは、なんだったんだー!!

○無理やり明日夢が響鬼の戦いにからんで失神
本当に、展開に無理があるなー。

○ヒビキさんと明日夢の会話
最後の二人の会話は、ちょっと良かった。細川さんがヒビキでよかったですよ。
ただ、この会話に持ってくるまでの展開が雑すぎて、つじつま合わせのために取ってつけたようなシーンになってしまってて残念です。

明日夢が「鬼になりません」と言ったことは、優柔不断だった明日夢の成長を示しているし、「鍛えたな、明日夢!」というヒビキさんにもグッと来ました。京介を入れずにもっとしっかり明日夢とヒビキを描いてこのシーン、だったら私は大満足で終わってたかも知れません。二人の演技が良かっただけに、本当に残念です。

とりあえず1年間、いろいろ文句も言いましたが楽しませていただきました。出演者の熱演、すばらしかったです。スタッフの皆様もお疲れ様でした。
スポンサーサイト
【2006.01.24 (Tue)】 仮面ライダー響鬼 // TRACKBACK(3) // COMMENT(1)
マジレンジャー「湖へ向かえ」
芳香ちんとアフロ君が愛の逃避行。いいとこで「続く~!」でしたねえ、先週は。

○アフロ君は本当にいいやつ
芳香とティターンを信じきれないお兄ちゃん。でも攻撃をかばってもらって信用します。いいじゃないですかー。人をうかつに信じれば騙されるイヤな世の中ですが、でもやっぱり信じたいし子供たちにも信じろと教えたいですねー。せめてTVの中でくらいは夢を見させてくれい。
「ありがとう。芳香、おにいちゃん」には笑った。握手のシーンもよかった。

○スフィンクスに吊るされるその他の皆様
魁の落下を歯で食い止めるとは・・・。ありえねー!!でもおもしろいから許す。ここで兄弟だけではなくてヒカル先生もしっかり絆に加わっていることが見られてうれしいです。父母が帰ってきちゃうとヒカル先生が浮いてしまいそうなので・・・。

○お父様復活
ウルザード・ファイアーって・・・。ウルザードはン・マの力を借りた悪の魔導騎士じゃなかったの?どうせだったらマジシャインやマジレンに似た衣装にして欲しかった。(おもちゃ屋さんの都合が見え隠れ)
しかし強すぎ。最初からこの姿にはなれんかったのか。

○アフロ君やられる
お父様と再会してなごむ兄弟たち。「ティターンは湖についているころだろう」って、なんでそんなのん気に構えているのか?ヤバイでしょ普通。で、案の定ダゴンにやられてしまいました。まあ、ン・マが復活しないと最終回が盛り上がらないんですけども。

ほんでヒカル先生のみた映像は?麗ちんが告白ですかー!でもレギュラー陣は死なないで欲しいんですけど。「マジレンvsボウケン」とか後の楽しみがあるじゃーないですかー。
【2006.01.24 (Tue)】 魔法戦隊マジレンジャー // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
ウルトラマンマックス「勇気を胸に」
ラゴラス再登場。第1話を引き合いに出して、どんなお話になるのか楽しみに観てみました。

○もしもマックスがカイトを選んでなかったら・・・。
ちょっと怖いシーンでした。確かに最初のカイトは「勇気ある行動」というよりは「無茶」だったなと。しかしそういうヤツを選んでしまう「マックス」っていったい。

○グランゴンご愁傷様
ゴジラ映画でお亡くなりになっていた「カメーバ」よりむごい扱いでございました。ぬいぐるみも解体したのかな、あれ。

○ショーンが自信喪失
最後はマックスが助けてくれる、っていうのは初代「ウルトラマン」のイデ隊員のリメイクでしたね~。イデ「ウルトラマ~ン!助けてくれ~!」ハヤタ「バカ野郎ー!!」パンチ!音楽タララリラ~ン!!みたいな。

○マックスのひみつがあきらかになったぞ。
本当は地球を監視してるだけの人だと。カイトに心を動かされて地球人に干渉してしまったと。マックスが地球に来た目的とかがさっぱりわからなかったので、この説明はよかったと思います。「ゼノン」ってあれから出てこないけど、やっぱ同僚かな。マックスの上司のエリアマネージャーとか。

さて、いよいよ最終回の伏線が張られてきましたよ。地球人はウルトラマンに頼らず、独立できるのか?!
で、緊迫してきたかと思ったら来週は燃え尽き症候群。「帰りマン」のヤメタランスみたいな話になるようです。ズッコケ。
【2006.01.24 (Tue)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
| BLOG TOP |
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
くろパパ
  • くろパパ
  • 小学生の頃から「第2次怪獣ブーム→変身ブーム→SFアニメブーム」の洗礼をまともに浴びて育った。
    好きな必殺技「半なま手裏剣」。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 特撮にほえろ!! All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。