特撮ヒーロー番組の感想を述べます。 好きだからこそ、愛すればこそ、細かいところに つっこみたくなってしまう。 そんなくろパパが「特撮にほえる」ブログです。 (多少アニメもあり)
03 // 2017.04 // 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」
いや~「ウルトラQ」的テイストの作品がきましたよ。
今回の突っ込みどころは
「ピッコロの演奏だけで怪獣を宇宙まで連れて行く」
こりゃ無理があったんじゃないかと。
ウルトラマンマックス型のロケットにスピーカーつけて怪獣をくくりつけて打ち上げたほうがよかったんじゃ。(パクリじゃなくてリスペクトですよ(笑))

しかし町が燃えるシーン、迫力ありました。復興が大変だ。

さて来週はタマ・ミケ・クロ?
なんか今月のラインナップを見ていると「10月の傑作群」になりそうな予感。楽しみです。
【2005.10.13 (Thu)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ウルトラマンマックス「恋するキングジョー」
先週の「ゼットンの娘」に続いて「恋するキングジョー」…。もう少しどうにかならなかったのかサブタイトル。

○引き続き忍者娘
カイトとミズキって、ヤキモチ焼くような仲だったっけ?デートは浴衣で。ふ~じこちゃ~んのようなミズキもイカス!

○アニメ調空中戦、合体シーン
賛否両論ありましょうが私は好きです。雲をバックに迫力の映像!生きてて良かった!マックスとの格闘シーンでも分離・合体を見せて、どこぞのガンダムよりも合体メカのメリットを生かした演出してます。

○で、終わってみれば恋の進展はなし
この辺が良くも悪くもウルトラらしいと言うか。三角関係にはならないでみんななかよし。ありえな~い!

しかしキングジョーも初代の圧倒的な強さがなかったなあ。
あの前後編にわたってウルトラセブンを苦しめたあの強さ。
次回の予告はいつもと音楽が違うぞ!「第3番惑星の軌跡」ってどっかで聞いたようなタイトル!微妙に期待。
【2005.10.03 (Mon)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
ウルトラマンマックス「ゼットンの娘」
出ました最強の宇宙恐竜!造形はイイ感じ。さて本編での活躍は…。

○あいかわらずのんきな防衛チーム
いままで監視衛星は360°体制じゃなかった、ということですね。まあウルトラ警備隊でも宇宙ステーションの警備網をくぐって宇宙人が侵入しまくってましたから。

○ゼットンの娘=長澤奈央
ゆかたとか忍者とか、ファンサービスですな。でもふつーのかっこで台所に立ってたりするのが一番よかったりして。
「ウルトラQ」に続いての登場ですが、また車に轢かれるシーンがあったり、忍者もそうだけどスタッフ遊びすぎか~?

○ゼットン星人
元祖(ウルトラマンの最終回)はまさにケムール人を横に向けただけのものでしたが、今回はわざわざそれを新しく造っているのに感動。頭の触覚がちゃんと横むいてるし(笑)。

○ゼットン
たしかに強い。しかし、なんか物足りない。なんだろう?
やはり、1回でやられずに前後編で活躍して欲しかったですね。来週はキングジョーしか出ないらしいし。
「ゼットン怪獣」という呼び方と、トミオカ司令のビビリ方には心が震えました。

○ウルトラマンゼノンと新兵器
やっぱここはゾフィの役割でしょう。これはやはり従来のウルトラ兄弟は出さない、という方針なんでしょうか。

来週はこの続き。キングジョーも1回でやられるには惜しいキャラクターです。

おまけ。私の、これまでのウルトラシリーズで心に残る前後編ものは・・・。

第三位:ウルトラの父登場!ウルトラマンAヒッポリト星人登場の巻。ウルトラ兄弟のピンチに突然登場したウルトラの父、カラータイマー引きちぎって兄弟に与えるところでカンドーしました。

第二位:処刑!ウルトラ5兄弟
またもウルトラマンA、バラバ&エースキラー登場の巻。無敵のウルトラ兄弟が貼り付けにされるなんてショック!しかし兄弟合わせ技「スペースQ」かっこいい~!この辺は小学生当時リアルタイムで観てたので印象強いんです。

第一位:ウルトラマン夕陽に死す!
帰ってきたウルトラマン、ナックル星人&ブラックキング登場の巻。だいたいねえ、レギュラーの出演者を車で轢いて殺しちゃうなんて、子供番組でやるかー!ショッキングでしたよ。(ネクサスもこれに近い物があると思う)当時は役者のスケジュールの都合で降板なんて知りませんし。

でした!
【2005.09.25 (Sun)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
ウルトラマンマックス「超音速の追撃」
ん~、なんだかバンドの宣伝のような番組でした?
ヘイレン(これってやっぱりヴァン・ヘイレンから取ってるよね)のデザインはガッパギャオスを足してオーブンで蒸したような感じ。火球をはくのは平成ガメラ。

○バッドスキャナーズ
演じているのはACTIONちゅうバンドらしいですが良く知りません。劇中ではメジャーデビューするまでけっこう年食ったバンドなのね(^^)。

○風圧でぶっとぶ人たち
こういうとこ、大事です。ヲタクな私にとって。

○マックス、怪獣を挑発
ヘイ、カモ~ン!初代ウルトラマンの余裕を思わせるしぐさ。バリヤーもカッコイイ~!空中ガニ股バリヤーよりずっといい。しかし空中戦ではやられっぱなしでした。

○バンド(一般人)をおとりに使う隊長
ノッてる場合じゃなくて!怪獣怪獣!!カイトがいなくなっても気にせずミズキ隊員も楽しんでます。

オチはお約束。オーソドックスで楽しいウルトラここにあり。
来週はとうとうあのゼットン!再来週には公式HPネタバレ新キャラ!なんでゾフィーじゃないんだ~!!
[READ MORE...]
【2005.09.19 (Mon)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
ウルトラマンマックス「バラージの預言」
これぞ日本のセット特撮の醍醐味!誰だ~「しょぼい」なんて言ってるのは?

○ゴジラ対ガメラ夢の対決
ソフビではあるが、ウルトラの番組の中でこれができるのは両方の監督をやった金子さんだけ。

○砂の中に沈むビル
きれいに舗装された地面が砂地獄に変わっていく様は圧巻。ビルが箱だったが…それは言わないお約束。
砂や水を使った特撮はスケール感を出すのが難しいですね。看板がやたら「金子大飯店」「KANEKO」と書かれていたのに大笑い。

○バラージの青い石
妙なデザインになってましたね。あーいう使い方をするとは。「このままじゃウルトラマンが負ける」というところでやっぱり投げて大爆発して欲しかった。アントラーあんまし強くなかった。

来週は速い怪獣が出てくるぞ~。板野サーカス楽しみだ。
【2005.09.11 (Sun)】 ウルトラマンマックス // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 前のページ | BLOG TOP | 次のページ »
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
くろパパ
  • くろパパ
  • 小学生の頃から「第2次怪獣ブーム→変身ブーム→SFアニメブーム」の洗礼をまともに浴びて育った。
    好きな必殺技「半なま手裏剣」。
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 特撮にほえろ!! All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。